[診療時間]
9:00〜13:00/15:00〜19:00
[休診日] 木・日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ

ひらばやし歯科 TOP › 歯科相談 › 親知らずを抜歯したい

親知らずを抜歯したい

親知らずの画像

歯科デジタルCTで高い精度の診察・痛みの少ない抜歯をいたします。

那覇市で親知らずを抜歯したい方はお気軽にご相談ください

当院は、安全で痛みの少ない親知らずの抜歯を心がけております。最新の歯科デジタルCTで診断し、どのような治療が必要か・何が痛みを発生させているかなどをご説明させていただき、患者さんに合わせて最適な治療をご提供します。稀に難易度の高い抜歯手術が必要なケースがありますが、その場合は病院歯科口腔外科などと連携した治療を行っております。那覇市内で親知らずを抜歯したいというご相談は、ひらばやし歯科までお気軽にお問い合わせください。

院長が親知らずの説明をする様子

 

虫歯や歯周病のリスクが高い親知らず

親知らずは、10代後半から20代前半にかけて前から8番目の位置に生えてくる歯のことです。英語ではwisdom toothと呼び、物事の分別がつく年頃に生えてくる歯ということが由来です。親知らずは、上下左右の4本すべて生えるわけではなく。全く生えない場合もあります。

現代の日本人は顎が小さくなり、スペースが狭いために、斜めや横に生えてくる場合があります。このような場合は、痛みだけではなく最適なブラッシングを行うことができず、プラーク(歯垢)が溜まりやすくなります。虫歯や歯周病のリスクが高くなるために、親知らずは抜歯をすることで環境を改善する必要があります。

親知らずが引き起こす悪影響

・歯垢が溜まりやすく、虫歯・歯肉炎になりやすい。
・歯並びが悪くなり、かみ合わせに影響がでる可能性がある。
・ブラッシングが難しく、口臭の原因になる。
・体調不良時に痛くなることが多い。(妊娠中を含む)

親知らずは抜歯の必要性を感じにくいために放置している方や抜歯治療のハードルが高く長年痛みを我慢されている方も多いのが現状ですが、基本的にはデメリットが多く、早めに治療することで悪い影響を最小限に食い止めることができます。

痛み・腫れを最小限に抑えた親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は歯科口腔外科の分野の治療です。「抜歯」と聞くとどうしても痛いというイメージがありますが、豊富な経験と最新設備により、抜歯時はもちろん抜歯後の腫れや痛みを最小限に抑えた治療をいたします。親知らずは痛みが発生していない状態でも、目に見えないところで歯や歯ぐきに悪い影響を及ぼすこともありますので、気になる方は1度検査を受けられることをオススメします。

歯科治療中

最新CTで親知らずの状態を正確に診断

親知らずの抜歯は高度な診断が必要です。当院では、最新の低被ばくデジタルCTを導入しています。従来のレントゲン撮影よりもカラダへの負担が少ないことはもちろん、立体構造や神経の位置を高い精度で把握することができ、患者さん1人1人に最適な治療内容をご説明しています。

歯科デジタルCT

治療に関するご相談はお気軽に
ご予約・お問い合わせはこちら